Ricky Miya & Palm Hawaiians

Ricky Miya & Palm Hawaiians は輝いていた60年代のハワイアンを復活、発展させようと活動している日本人と台湾人ミックスのハワイアンバンドです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Teisco Hawaiian Guitar

 1950年代から60年代、やっと戦争の後遺症から脱しつつあった日本にHawaiianのブームが訪れました。
人々はHawaiianを聴きながらまだ見ぬ南海の楽園Hawaiiに思いを馳せたものでした。そのうちにミュージシャンが演奏する音楽を聴くだけでは飽き足らず、Ukulele や Steel Guitar、Pick Guitar などを演奏する若者がどんどん増えました。
 日本全国に7,000 から8,000の Hawaiian Band があったと言われています。
 その頃、日本にはGUYA TONE と TEISCO というエレキ・ギターの二大メーカーがありました。いずれもHawaiian Steel Guitar も生産していました。
 写真は、私がHawaiian Steel Guitar を始めた頃に買ったTEISCO から出版された教則本(フィルム・レコード6枚入り)です。
 結局、これではどうにもならず、早大ナレオ・ハワイアンズでSteel Guitarを担当していたという平田先生に師事しましたが、この本は当時を思い出す貴重な資料になりました。
 現在、GUYA TONEはいまだに Steel Guitar を不定期で少量生産をしていて私は愛用していますが、TEISCOは70年代に会社が無くなったそうですね。

2011_0304book0019-<br />R.jpg

2011_0304book0026-R.jpg

2011_0304book0027-R.jpg

スポンサーサイト

| ・Ricky & Hawaiian | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://rickymiya.blog.fc2.com/tb.php/28-0996842d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。